猫又三姉妹

女三人寄れば姦しい。

PCMAX だめんず コロナ ブログ マッチングアプリ 恋愛

コロナ禍のアプリ恋活

投稿日:

こんな時代だからこそ使えるアプリたち

20代前半の若人たちには

マッチングアプリやSNSきっかけの

出会いは珍しいものではなくなっているといいます。

30代~の大人の恋愛にも

職場恋愛をしたくない方、

出会いがあまりないという方にも

利用に対するハードルは下がりました。

譲れない「条件」「価値観」を

予めプロフィールに明記するなどして

効率的に出会えるという利点から

ネット恋活・ネット婚活をするという動きがありますね。

一昔前までは出会い系は犯罪の温床という

暗いイメージがありましたよね。

援交や売春など、今でも一部のセミプロや

プロの利用があるのも事実ですけれども

選ぶアプリ、サイトを間違えず

見る目を養い正気を保って(笑)いれば

そのようなものに引っかかるリスクは

各段に低くなるといえましょう。

断りやすいのが最強の強みだと思われる

ヤリモクばかり、メンヘラが多い、

既婚者が多い、プロフィール詐称が多い、

写真詐欺ばかり…などなど。

一部の承認欲求の塊たちのおかげで

アプリは様々な嘘が横行しています。

等身大の自分で勝負をせず

「会えばなんとかなる」

と思っている浅はかな人達のせいで

善良で誠実なユーザー同士の出会いのチャンスが

奪われるのは嘆かわしい

この状況ですから、新しい人間関係を生活範囲内で

構築するのはだと難しいですよね。

行動しなければ騙されることはないが

行動しなければ出会う可能性は0

これは事実でしょうな

下手な鉄砲数打ちゃ当たる、

アプリ狩人には無視を。

アンテナを張って

慎重に出会いの種を蒔くことは

可能性を広げるという意味で

意味があると言えるでしょう。

-PCMAX, だめんず, コロナ, ブログ, マッチングアプリ, 恋愛
-, , , , ,

関連記事

典型的発達障害

強運な発達障害ほど厄介なものはない 子供の頃に気まずい思いをしたり 自分が変わっていることを 自覚して、発達障害の人は 処世術を身に着けていきます。 みかんちゃんは、あまりにもラッキーだったので KY …

マッチングアプリでの鬼門

外国人Dの話はコチラ 会う時間は確保できるのに? 外国人Dは、アプリ上のメッセージでは饒舌でした。 最初の頃はマメで長文で 画像も送ってくれるし 適宜質問も織り交ぜてくれました。 でも、すぐに会えない …

脇汗が気になるマン2

結局、流れ出る脇汗対策には… におい対策ではなく 汗対策したくて、彷徨っていたまかです。 そんじょそこらの物は試した。 でも一向にお悩みは解決しない。 [アツギ] インナーキャミソール カップ付きタン …

小さな巨人

ぶっつけ本番。それが我が長女。 いつだって、ぶっつけ本番。 思い付きで行動し衝動的で後先考えない ADHDのお姉ちゃんです。 考えられないほど 突拍子のないことをしでかしますから きっと裾上げを頼むと …

しれっとLINEしてくるけどアンタ誰?

たまに来る男性からの「元気?」はシカト一択 元カレ。 恋愛関係に発展しなかった人。 飲み会で仲良くなった人。 アプリで知り合ってLINE移行したけど疎遠になった人。 大人になると、連絡先を交換する機会 …

ブログランキング・にほんブログ村へ

error: Content is protected !!