猫又三姉妹

女三人寄れば姦しい。

ADHD/長女 アスペルガー/三女 ブログ 発達障害

「発達障害」について②

投稿日:2020-08-13 更新日:

発達障害の文献や報道に思うこと

子供の発達障害には、もちろん

親族や周りの協力は不可欠です。

ただでさえ、客観的な判断ができない年齢ですからね。

しかし大人の発達障害については

異論があります。当事者として。

大人の発達障害の大前提に「周囲の協力」

が大々的に掲げられていることで

発達障害を「理由」にしてしまう

大人の発達障害が湧く事実もある

みかんちゃんみたいに…。

周りに迷惑をかけている自覚を持つべき

発達障害か、そうでないか

明確なボーダーはありません。

専門医でないと正しく診断すらできません。

ただ、分かっていることはあります。

「自分の特性は、周囲の迷惑になっている」

ことを、発達障害当事者が自覚しないと

周囲はとてつもなく消耗する

発達障害当事者は、能力の凹凸が激しく

一般的に得手不得手が激しいとされています。

身内や親しい人は、そのことを察したり

理解してあたたかく見守ってくれるかもしれません。

でも、それは義務ではない。

善意でやっていること。

当事者が、身内とはいえ他人に対し

「理解して!協力して」

と要求すべきことではないはずです。

程度にもよるが、自分自身が障害に惑わされてはいけない

発達障害。

もし、これを読んでいるあなたが

発達障害の疑いがあるなら。

あるいは、発達障害の診断が下りたなら。

どうか自分を卑下しないでほしい。

特別視もしないでほしい。

エジソン始め、歴史上の偉人は

発達障害であったとされていますが

エジソンと私達の能力は

全然違います。

能力の凹凸があるのが同じ

というだけで同じ人間ではないのです。

無理に普通にならなくて良い。

だって普通って定義すら明確じゃありませんから

普通にはなれっこないのです。

でも、だからといって

発達障害を免罪符にして良い訳はないでしょう?

周囲の人は口にしないだけで

私達のフォローをしてくれているのです。

なるべく、自分で自分をフォローできるよう

正しく特性を理解してリマインドしましょう。

何もしなければ1回も成功しません。

100回やれば、3回くらいは

成功するかもしれませんよ。

-ADHD/長女, アスペルガー/三女, ブログ, 発達障害
-,

関連記事

かまちょ面倒くさっ事件

日記活動で思うこと いませんか? あなたの周りにも。 社交辞令をいっちょまえに使うくせして デートに誘われなかったり 返事貰えなかったら ふて腐れて怒り出す人。 このブログにも広告出てますが、 某出会 …

自転車に乗っていても痴漢に遭う世の中って

自転車に乗っていて、痴漢に遭う? ニュースやブログやメディアで 痴漢被害の報道をよく目にします。 道を歩いているだけ、 働いてるだけ、 自転車に乗ってるだけ、 電車に乗ってるだけ、 ランニングしてるだ …

謝ることができない人

立ったまま眠る。謝罪してる間にも。 眠くてたまらない時は誰にでも ありますよね。 お昼を食べた後の仕事や うららかな午後など。 ADHDの言い訳劇場2 大人になって社会性を身に着けると 眠くならないよ …

それは、本当に忘れてたのか?

最強のカードを何度でも使う 人よりも、覚えていられる事柄の数や期間が 少ないADHDですけれど それでも自分のしたいことは 絶対に忘れないのも特徴です。 衝動性の強さと自分勝手 共同生活を送っていても …

姉妹喧嘩が繰り返される原因

謝罪する理由すら間違える犯人 悪いことをしたら、償いをする。 相手を傷つけたら、謝る。 そんな当たり前の道徳的な行動すら出来ないのが 長女・みかんです。 本人は「何が人を傷つけるのか分からない」 と言 …


*ツイキャス
@nekomata3shimai

error: Content is protected !!